ペットの安置は大切~お見送りまでに必要なこと~

ペット供養には合同供養という安心価格の供養法があります。 ペット供養には合同供養という安心価格の供養法があります。

ペットの安置方法~ペット供養をするまでに備える~

ペットが亡くなったら、まずするべきことは遺体の安置です。適切な安置を行うことで、一連の流れがスムーズに進みます。ここでは正しい安置方法を確認していきましょう。

ペットの体を清める

姿勢を整える

まずは絞ったタオル、またはガーゼで身体をしっかりと拭いてあげてください。その後で、寝ている時の姿と同じように手足を整え、目や口が開いている場合は閉じてあげます。死後2時間から3時間の間で、この作業を完了させます。

安置できるものを確保

亡くなったペットが安らかに眠れるよう、姿勢を整えた後は段ボールなどに遺体を安置しましょう。この時、下に生前に使っていたシーツを敷くようにします。また、遺体を安置させる場所は涼しい場所を選ぶようにします。

体を冷やす

ペットが亡くなると、次第に内臓や脳が傷み出します。そのため、ドライアイスや氷、保冷剤を使って体を冷やしてあげましょう。冬場なら暖房を止める、夏場であればエアコンをかけるといった対処をすると、遺体の腐敗を遅らせることができます。

花と遺影

遺体に正しい処置をしてあげることで、最高の形でペット供養をすることができます。また、初めてでわからないことがあれば、無理をせずにペット供養の業者に相談して、死後の正しい処置方法を聞くなどの対処をしましょう。

副葬品の準備

火葬する場合には、棺に花を一緒に入れて火葬することが出来ます。お花屋さんに相談すれば、ペット供養に適した花を見繕ってもらえます。また、ペットが好きだった食べ物やなども副葬品として入れる人が多いですが、おもちゃなどを入れる場合は事前に確認しましょう。

TOPボタン