合同で行うペット供養~お迎えから収骨までの流れ~

ペット供養には合同供養という安心価格の供養法があります。 ペット供養には合同供養という安心価格の供養法があります。

ペット供養を合同で行なう~お迎えから収骨までの流れ~

合同供養を行う場合は、ペット供養のお迎えから収骨までの一連の流れが気になる人もいるでしょう。家族同然のペットなので当然ですよね。ここではその一連の流れについてご説明します。

合同供養で葬儀を行なう

お迎え

霊園側のスタッフが、保冷車でご自宅までお迎えにあがります。到着するまでの間は、なるべく涼しい場所に遺体を安置してください。しかし、場合によっては、ご自身で霊園まで直接お連れいただくケースもあるので事前に確認しましょう。

供養

献花、線香をあげて頂き愛するペットと最後のお別れをしてあげてください。このときに生前好きだったおやつや玩具を一緒に添えてあげてください。思い出の写真を添えていただいても結構です。供養の際は僧侶の読経が行われます。

火葬・収骨

火葬は、他のペットと同じ場所で行われます。また、火葬後に残った遺骨は、一部を合同供養塔へ、残っている部分は提携しているお寺の境内へ納められます。返骨がないので、火葬や収骨の際にしっかりペットへ気持ちを伝えましょう。

上記の流れを把握しておくことで、余裕をもって最後のお見送りまでできるようになります。ペット葬儀というのはまだ一般的ではないので、わからない点が多いかと思いますが、事前に流れをしっかり確認しておきましょう。

葬儀の服装

人間の葬儀と同じように、無理にスーツや喪服を着なくても問題ありません。生前、ペットと過ごしていた時の普段着を着ていく人が多いです。しかし、動物の毛皮は殺生を連想させるため、本物の毛皮でなくても避けるべきです。

TOPボタン