良心的な価格の合同供養~特徴と費用を知ろう~

ペット供養には合同供養という安心価格の供養法があります。 ペット供養には合同供養という安心価格の供養法があります。

合同供養について~費用を抑えたい人向けのペット供養~

大切な家族と同じ存在のペット。そんなペットと最後の時間を大切に過ごすにはペット供養が最適です。ペット供養には様々なプランがあります。事前に価格や費用を知っておくことで、自分にぴったりなプランを選ぶことが出来るでしょう。

個別と合同の違い

合同墓地
ペット供養プランの中でも合同墓地は比較的利用者数が多いのが特徴です。合同墓地はその名の通り、他のペットの遺骨と一緒に埋葬する方法で、になります。合同墓地には骨壺はなく、遺骨のみ埋葬されるため、埋葬した後の返骨は出来ません。手元供養を希望している人には向かない方法ですが、ペット霊園の合同供養祭の時に、お坊さんが読経してくれるなど、定期的に供養をしてくれるというメリットがあります。
個別墓地
ペット霊園側で提供しているお墓、あるいは飼い主さんの先祖が眠っている墓地へ埋葬する方法です。いずれの場合も、飼い主さん自身が所有するお墓へ埋葬することになるため、自分で管理を行います。個別墓地は他のペットと遺骨が混ざらないというメリットがありますが、合同供養祭は執り行われないため、定期的に飼い主さんが供養をしてあげましょう。

合同供養について

大切なペットを大事にしたい気持ちはあるけど、供養の費用はできるだけ抑えたいという方には、合同供養がぴったりなプランでおすすめです。ここでは合同供養と他のプランの違いをご紹介します。

合同供養の特徴は何ですか?
合同供養では、他のペットと同じ場所に埋葬、同じタイミングでペット供養を行うため、亡くなったペットが寂しくなることがありません。また、上記でも説明したように、一度埋葬するとその後の返骨、納骨堂へ移し替えるといった要望は通らないのも特徴です。ちなみに、合同供養では「お気持ち代」として5,000円~10,000円の別費用がかかることもあります。

合同供養の相場の費用

御骨

遺骨の大きさで料金が異なることが多いです。ここでは相場の料金をお教えします。2.0寸~2.05寸の遺骨一体に対して10000円、3.0寸の遺骨一体に対して、12000円となります。大きくなればなるほど料金が加算されます。また、同時納骨も料金は加算されますが、一体あたりの料金が少し安くなります。

ペット供養の手段として、ペット葬儀業者が行ってくれる合同供養はメジャーです。返骨ができないなどのデメリットはありますが、それ以上に合同供養祭をしてくれる、亡くなったペットが寂しくないといったメリットもあります。また、合同供養は飼い主の負担も減るので、一度検討してみましょう。

飼い主も安心な動物供養祭

合同供養の場合は、返骨ができないので、きちんと最後まで供養されているのか不安になる方は多くいらっしゃいます。霊園ではしっかりと動物供養を行うので安心できます。

動物供養祭について

安心してペットを預けられますよ(霊園スタッフ)

ペット霊園では、合同供養をしたペットたちのために、毎年春と秋に「動物供養祭」を執り行っています。僧侶が読経をしている中で、全てのペットのお名前を読み上げるのですが、飼い主様とペットの名前が入っている卒塔婆も一緒に建てますよ。

TOPボタン